弘道館記

徳川斉昭


弘道館記(訓み下し)

弘道とは何ぞ。人能く道を弘むるなり。道とは何ぞ。天地の大経にして、生民の須臾も離るべからざる者なり。弘道の館は何の為にして設くるや。恭しく惟みるに、上古神聖、極を立て統を垂れたまひ、天地位し、万物育せり。其の六合に照臨し、宇内を統御したまふ所以の者は、未だ嘗て斯の道に由らずんばあらざるなり。宝祚は之を以て窮り無く、国体は之を以て尊厳に、蒼生は之を以て安寧に、蛮夷戎狄は之を以て率服せり。而して聖子神孫は、尚肯て自ら足れりとしたまはず、人に取りて以て善を為すを楽みたまふ。乃ち西土の唐虞三代の治教の若きをば、資りて以て皇猷を賛けたまふ。是に於て斯の道愈々大に愈々明にして、復た尚ふること無し。中世より以降、異端邪説は民を誣ひ世を惑はし、俗儒曲学は此を舍てゝ彼に従ひ、皇化陵夷し、禍乱相踵ぎ、大道の世に明ならざるや、蓋し亦た久し。我が東照宮は乱を撥めて正しきに反し、王を尊び、夷を攘ひ、允に武にして允に文に、以て太平の基を開けり。吾が祖の威公は実に封を東土に受け、夙に日本武尊の人となりを慕ひ、神道を尊び、武備を繕ふ。義公は継ぎ述べ、嘗て感を夷斉に発し、更に儒教を崇び、倫を明かにし名を正しうし、以て国家に藩屏たり。爾りしよりこのかた百数十年、世々遺緒を承け、恩沢に沐浴し、以て今日に至れり。則ち苟も臣子たる者、豈に斯の道を推し弘めて、先徳を発揚する所以を思はざるべけんや。此れ則ち館の設くることを為す所以なり。抑も夫の建御雷の神を祀るは何ぞや。其の天功を草昧に亮け、威霊を斯の土に留むるを以て、其の始を原ね、其の本に報ひ、民をして斯の道の由りて来る所を知らしめんと欲するなり。其の孔子の●(マダレに「苗」)を営むは何ぞや。唐虞三代の道、此に折衷するを以て、其の徳を欽し、其の教に資り、人をして斯の道の益々大にして且つ明なる所以は偶然ならざるを知らしめんと欲するなり。嗚呼我が国中の士民、夙夜懈らず、斯の館に出入し、神州の道を奉じ、西土の教に資り、忠孝無二、文武岐れず、学問事業其の效を殊にせず、神を敬ひ儒を崇び、偏党有ること無く、衆思を集め、群力を宣べ、以て国家無窮の恩に報ぜば、則ち豈に徒だ祖宗の志の墜ちざるのみならんや。神皇在天の霊も亦た将に降鑒したまはんとす。斯の館を設けて以て其の治教を統ぶる者は誰ぞ。権中納言従三位源朝臣斉昭なり。

『勤王文庫』第弐編(大正8年初版。昭和6年11版。大日本明道会)による

 

弘道館記(原文)

弘道者何。人能弘道也。道者何。天地之大経、而生民不可須臾離者也。弘道之館何為而設也。恭惟、上古神聖、立極垂統、天地位焉、万物育焉。其所以照臨六合、統御宇内者、未曾不由斯道也。宝祚以之無窮、国体以之尊厳、蒼生以之安寧、蛮夷戎狄以之率服。而聖子神孫、尚不肯自足、楽取於人以為善。乃若西土唐虞三代之治教、資以賛皇猷。於是斯道愈大愈明、而無復尚焉。中世以降、異端邪説、誣民惑世、俗儒曲学、舍此従彼、皇化陵夷、禍乱相踵、大道之不明於世、蓋亦久矣。我東照宮、撥乱反正、尊王攘夷、允武允文、以開太平之基。吾祖威公、実受封於東土、夙慕日本武尊之為人、尊神道、繕武備。義公継述、嘗発感於夷斉、更崇儒教、明倫正名、以藩屏国家。爾来百数十年、世承遺緒、沐浴恩沢、以至今日、則苟為臣子者、豈可弗思所以推弘斯道発揚先徳乎。此則館之所以為設也。抑夫祀建御雷神者何。以其亮天功於草昧、留威霊於茲土、欲原其始報其本、使民知斯道之所●(「鷂」の右側が「鳥」でなく「系」)来也。其営孔子廟者何。以唐虞三代之道折衷於此、欲欽其徳、資其教、使人知斯道之所以益大且明、不偶然。嗚呼我国中士民、夙夜匪懈出入斯館、奉神州之道、資西土之教、忠孝无二、文武不岐学問事業、不殊其效、敬神崇儒、無有偏党、集衆思、宣群力、以報国家無窮之恩、則豈徒祖宗之志弗墜、神皇在天之霊、亦将降鑒焉。建斯館以統治教者誰。権中納言従三位源朝臣斉昭也。

岡村利平『弘道館記述義の精神と釈義』(昭和18年発行。旺文社)による

 



   弘道館記

弘道者何。人能弘道也。道者何。天地之大経。而生民不可須臾離者也。弘道之館。何為而設也。恭惟上古神聖。立極垂統。天地位焉。万物育焉。其所以照臨六合。統御宇内者。未嘗不由斯道也。宝祚以之無窮。国体以之尊厳。蒼生以之安寧。蛮夷戎狄以之率服。而聖子神孫尚不肯自足。楽取於人以為善。乃若西土唐虞三代之治教。資以賛皇猷。於是斯道愈大愈明、而無復尚焉。中世以降。異端邪説。誣民惑世。俗儒曲学。舍此従彼。皇化陵夷。禍乱相踵。大道之不明於世。蓋亦久矣。我東照宮。撥乱反正。尊王攘夷。允武允文。以開太平之基。吾祖威公実受封於東土。夙慕日本武尊之為人。尊神道。繕武備。義公継述。嘗発感於夷斉。更崇儒教。明倫正名。以藩屏国家。爾来百数十年。世承遺緒。沐浴恩沢。以至今日。則苟為臣子者。豈可弗思所以推弘斯道。発揚先徳乎。此則館之所以為設也。抑夫祀建御雷神者何。以其亮天功於草昧。留威霊於茲土。欲原其始報其本、使民知斯道之所●(「鷂」の右側が「鳥」でなく「系」)来也。其営孔子廟者何。以唐虞三代之道折衷於此。欲欽其徳。資其教。使人知斯道之所以益大且明。不偶然。嗚呼我国中士民。夙夜匪懈。出入斯館。奉神州之道。資西土之教、忠孝无二、文武不岐。学問事業。不殊其效。敬神崇儒。無有偏党。集衆思、宣群力、以報国家無窮之恩、則豈徒祖宗之志弗墜。神皇在天之霊。亦将降鑒焉。建斯館、以統治教者誰。権中納言従三位源朝臣斉昭也。   天保九年歳次戊戌春三月斉昭撰文并書及篆額


○館記の読方
弘道とは何ぞや。人能く道を弘むるなり。道とは何ぞ。天地の大経にして生民の須臾も離るべからざるものなり。弘道の館は何が為にして設けたるや。恭しく惟みるに、上古神聖極を立て統を垂れたまひ、天地位し万物育す。其の六合に照臨し、宇内を統御したまへる所以のもの、未だ嘗て斯の道に由らずんばあらざるなり。宝祚之を以て無窮、国体之を以て尊厳、蒼生之を以て安寧、蛮夷戎狄之を以て率服す。而して聖子神孫尚肯て自ら足れりとせず、人に取りて以て善を為すを楽しみたまふ。乃ち西土唐虞三代の治教の若き、資りて以て皇猷を賛けたまふ。是に於て斯の道愈々大に、愈々明らかにして復尚ふることなし。
中世以降、異端邪説、民を誣ひ世を惑はし、俗儒曲学、此を舍て彼に従ひ、皇化陵夷し、禍乱相踵ぎ、大道の世に明らかならざるや、蓋し亦久し。我が東照宮、撥乱反正、尊王攘夷、允武允文、以て太平の基を開く。吾が祖威公、実に封を東土に受け、夙に日本武尊の人となりを慕ひ、神道を尊び、武備を繕む。義公継述、嘗て感を夷斉に発し、更に儒教を崇び、明倫正名、以て国家に藩屏たり。爾来百数十年、世々遺緒を承け、恩沢に沐浴し、以て今日に至る。則ち苟も臣子たる者、豈に斯の道を推弘し、先徳を発揚する所以を思はざる可けんや。此れ則ち館の設けられたる所以なり。
抑も夫れ建御雷神を祀るものは何ぞや。其の天功を草昧に亮け、威霊を茲に留めたまへるを以て、其の始を原ね、其の本に報い、民をして斯の道の●つて来る所を知らしめんと欲してなり。其の孔子の廟を営めるものは何ぞや。唐虞三代の道、此に折衷するを以て、其の徳を欽じ、其の教に資り、人をして斯の道の益々大に且つ明かなる所以の偶然ならざるを知らしめんと欲してなり。
嗚呼我が国中の士民、夙夜懈らず、斯の館に出入し、神州の道を奉じ、西土の教に資り、忠孝二なく、文武岐れず、学問事業其の效を殊にせず、敬神崇儒偏党ある無く、衆思を集め群力を宣べ、以て国家無窮の恩に報いなば、則ち豈徒に祖宗の志の墜さざるのみならんや。神皇在天の霊、亦将に降鑒したまはんとす。斯の館を設け、以て其の治教を統ぶる者は誰ぞ。権中納言従三位源朝臣斉昭なり。


○館及び館記の由来
 弘道館は水戸の藩学で、藩主烈公が、当時国家の将来に深く思を出(ママ)され、人材教育を通して皇道水戸学の精神を天下に弘めようとして設立されたものである。天保五年に其の志を立て、爾来幾多の苦心む経ていよ/\同十三年に仮開館式を挙げるに至つたものである。
 館の教育方針は、館記文中に、「神州の道を奉じ、西土の教に資り、忠孝二無く、文武岐れず、学問事業其の效を殊にせず、敬神崇儒偏党あるなく、衆思を集め群力を宣べ、以て国家無窮の恩に報ゆ。」と示されてあるによつて明らかなる如く、惟紳の大道を教育の淵源とし、之に儒教を同化し、忠孝一本、文武一途、知行一致、億兆一心の主義を徹底し、以て皇運を扶翼し奉ること、略言すれば、皇道の実践これであつた。特に館教育に於て注視すべき点は、政治と教育とは其の趣くところを一にするといふ見解から、政教一致の精神を高調し実行したことだ。しかも此の館教育の大方針を以て水戸一藩の特有とせず、全国的に拡充し、之を以て我が国民教育の根柢を築かうとしたもので、事実当時全国諸藩の藩学興隆上に影響を与へたところ決して尠くなかつた。
 館の学科目は、文武両科に分れ、文科は国学・漢学・医学・蘭学・天文・数学・音楽(雅楽)・歌学等で、武科は兵法・剣術・槍術・射術・砲術・柔術・馬術・水術・火術・統術等である。これに関する設備として、文には講習・居学・寄宿の各寮及び講習別局があり、武には武館・調練場・馬場・砲場・対試場があり、其の他、兵学・音楽・歌学・編修の諸局及び天文台等があつた。
 諸士以上の子弟年十歳に至れば必ず私塾(館文武教師の家塾)に入れ、句読及び書札を学ばしめ、十五歳の頃選抜して講習寮に入らしめる。更に其の優等な者を選びて居学寮に送り研究を為さしめた。居学生は武芸で云へば免許以上に相当する者である。年二十歳に至り講習寮に入るべき学力を有せざる者は、特に講習別局に入ることを許して、軍書・雑史の如き仮名の書を通読せしめた。
 寄宿寮は、小姓寄合組(側近奉仕)並に布衣三百石以上の嫡子十八歳から二十四歳までの者を一ケ年に三ケ月宛寓せしめ、昼夜文武の修練を為さしめる所謂道場教育所で、幹部養成機関である。
 凡て生徒は、午前には文を学び、午後には武を学ぶことにした。時限は午前八時から午後四時までを一日と定めた。文武共考査を定期又は臨時に行ひ勤惰・賞罰を厳にした。一年の休暇日に祈年祭・新甞祭・土神祭・吉田祭(吉田神社の祭日)等を加へ、敬神教育を重視した。正月及び年末の儀式や、文武の成績大考査の時などは、藩公自身家老以下主だつた役人全部を引具して之に臨まれ、親しく検閲激励の努をとられた。学館の儀式は宗廟の祭に次ぐ大事な式典とせられた。
 館記は館の教育綱領を示した記文で、東湖が烈公の命を受け、公の意見と己が意見とを折衷して原案を起草し、更に此の原案を公を中心として、会沢伯民・青山延于・佐藤坦等の大儒が慎重討議刪正の上天保八年に決定したものである。実に大中至正なる皇道水戸藩の主義綱領を表象した一大経典で、其の文辞も荘重、典雅、簡潔で、しかも気魄に満ち、水戸学の精髄此の記文にありと謂つてよい。


○館記の解説
 弘道とは如何なる義であるか。弘道とは人が能く道を弘めるといふ意である。即ち道を世に弘め、人々に能くこれを実行させることである。然らば其の道とは何であるか。道とは天地に基いた人の大道である。
 凡そ事物には理法(則)といふものがある。宇宙の万物皆夫々此の理法に順つてゆくことが道である。即ち天地には天地の道があり、人には人の道がある。故に人たるものは、斯の道から寸時も離れることは出来ない。而して我が日本民族としての遵ひ守るべきの道、これ即ち皇道である。
 謹んで考へるのに、神代に於て、畏くも 天祖天地に基づいて大中至正の道(極)をお立てになつて、斯の国を肇め、斯の国に君臨し、斯の国民を教へ導きなされ、そして後世御子孫がこれを承け継がれるやうに、天業の基をお定めになつた。これによつて、天は高く地は低く、各々其の所を得て安らかに万物皆夫々時を得て完全に生々発育して居る。神皇が世界に照臨し、天下を統べ治められるのに、一として斯の道に由りたまはぬことはない。斯の道によりて宝祚は無窮であり、斯の道によりて国体は尊厳であり、全国民は斯の道により安寧幸福であり、又斯の道の光被によつて諸外国の民までも悦服し同化する。神州の宇内に冠絶する所以、此に存するのである。而して御歴代の 天皇は、畏くも 天祖の立て給うたかやうな立沢な道を以て、これで充分であると御満足なさらず、更に他国の長所を取入れ、斯の道の内容を一層立派なものにすることを楽しみとなされた。乃ち支那の理想時代と謂はれた唐虞三代(尭・舜、夏・殷・周の三代)の政治文化の如き、其の美点を資り入れて皇政上の御参考となされた。是に於て、宇内に冠絶する我が皇道が、愈々大きく、愈々明らかに、愈々善美を極めるに至つた。
 然るに、中世この方、此の正道に反した邪悪な外来思想が世人を欺き惑はし、また見識の狭い、心卑しき儒者や、時代に迎合して学の本義を曲げるやうな学者が出て、我が国粋を捨てて外国の風に惑溺するやうになつて、為に畏れ多くも 天皇の御徳化が漸次に衰替し、兵禍戦乱続出し、皇道の世に明らかでなくなつたことが随分久しい間であつた。
 我が東照公には、乱世を治めて正造の御世に引きかへされ、皇室を尊び、夷狄を攘ひ、武功文徳並似び勝れ、以て天下太平の基を開かれた。我が祖威公(頼房)領を常陸に封ぜられるや、夙に日本武尊の御性格を慕はれ、神道を尊崇し、武備を治め整へられた。次いで義公は威公の志業を継承してこれを大成することに努められ、或る時支那の伯夷・叔斉の伝を読んで痛く感動し、更に儒教を崇ばれ、人倫を明らかにし、大義名分を正し、以て皇室の御垣の守となられた。爾来百数十年の間、子孫代々其の遺業を承け継ぎ、朝廷及び幕府から甚大なる御恩沢を被り、以て今日に至つたのが水戸藩の実情である。さうであるから、苛も臣子たるものは、斯の道を益々推し弘め、先祖の美徳を愈々顕し、以て列聖の鴻恩に報い奉ることを深く思はなければならぬ。これ則ち弘道館の設けられた所以である。
 次に建御雷神を館内に祀つたのは、どういふ訳であるか。これは皇道の淵源を崇拝する精神からである。皇道の淵瀬は固より 天祖であるから、天祖を祀るのが本筋ではあるが、人臣が 天組を祀ることは畏れ多いといふので此の神を祀つたのである。建御雷神は、神代に於て 天祖の大御業を御助けなされた御神であらせられ、しかも領内鹿島に鎮座まし/\霊験あらたかなるによつて、此の神を祀り、以て報本の義をこれに寓し、領内の民をして斯の道の由つて来る所を知らしめようとするものである。
 その孔子廟を館内に造営したのは、如何なる訳であるか。それは決して神儒同格の施設といふのではない。惟ふに唐虞三代の道を折衷して中正の処に定められた孔子教が、忠孝仁義を重んずる其の精神に於て、我が皇道精神と一脈相通ずるものがあり、古米我が国の治教上に寄与するところが尠くなかつたので、斯の敦の本尊たる孔子の徳を欽慕し、其の教に資りて尊び、人々に我が皇道の内容が益々大きくなり、愈々明らかになつたことが、決して偶然でないことを知らしめようとするものである。
 嗚呼、我が水戸藩下の士民たるもの、日夜懈ることなく、斯の館に出入して学び、我が神州固有の皇道を遵奉し、皇道の精華を発揮する為の助として儒教を取入れ、忠孝の大義を重んじ、且忠と孝とは一本で二物ではないことを体得して実行し、文武は其の帰を一にするものであるから、両道分れることなく一本筋で修練し、また学問と事業との一致を認め、理論と実際とが相離れないやうに修養し、敬神と崇儒が其の一方に偏し、又は神儒同格とならぬやう留意し、能く衆人の考を集め、衆人の力を展べ、上下一体一気、治教に努力し、以て国家無窮の御恩に報い奉るやうにしたならば、ただに我が藩祖宗の志を堕さないばかりでなく、在天の神霊も亦御降りになつて御助け下され、真に皇道を推弘める所以となるであらう。これ実に弘道館教育の方針とするところである。斯の弘道館を創立し、其の政教を一にして斯の道を推弘しようとするものは誰であるか。権中納言従三位源朝臣斉昭である。


以上、興亜教育会編纂『藤田東湖正気歌・回天詩・弘道館記 読解』による。
同書の奥付は次の通り。


昭和十六年七月三日印刷
昭和十六年七月七日発行
定価金二十銭
著作者 興亜教育会
   代表者須藤喜三郎
発行者 須藤喜≡郎
   東京市豊島区高田南町一ノ二一五
印刷者 清水弥太郎
   東京市神田区小川町一丁目七番地
発行者 興亜教育会


はじめにもどる 登録作品リスト(五十音別)にもどる
登録作品リスト(作者別)にもどる
登録作品リスト(時代別)にもどる


---------------

J−TEXT MAIL: kikuchi@j-text.com