『おあん物語』

(江戸時代前期成立。版本刊行は幕末)


おあむ物語
子どもあつまりて。おあん様。むかし物がたり
なされませといへば。おれが親父は。山田去暦と
いうて。石田治部少輔殿に奉公し。あふみの(国イ)ひこ
根に居られたが。そのゝち。治部どの御謀反の時。
美濃の国おほ垣のしろへこもりて。我々みな
/\一所に。御城にゐて。おじやつたが。不思議な
事が。おじやつた。よな/\。九つ時分に。たれともな
く。男女三十人ほどのこゑにて。田中兵部どのゝ(一オ)
う。田中兵部殿のうと。おめきて。そのあとにて。わつ
というてなく声が。よな/\。しておじやつた。おどま
しや/\。おそろしう。おじやつた。その後。 家康
様より。せめ衆。大勢城へむかはれて。いくさが。夜
ひるおじやつたの。そのよせ手の大将は。田中兵
部殿と申すで。おじやつた。いし火矢をうつ時は。
しろの近所を触廻りて。おじやつた。それはなぜ
なりや。石火矢をうてば。櫓もゆる/\うごき。地もさ
けるやうに。すさまじいさかいに。気のよわき婦(一ウ)
人なぞは。即時に目をまはして。難義した。その
ゆゑに。まへかたにふれておいた。其ふれが有
ば。ひかりものがして。かみなりの鳴をまつやうな
心しておじやつた。はじめのほどは。いきたこ
こちもなく。たゞものおそろしや。こはやと計。
われ人おもふたが。後には。なんともおじやる物
じやない。我々母人も。そのほか。家中の内儀。むす
めたちも。みな/\。天守に居て。鉄鉋玉を鋳ま
した。また味かたへ。とつた首を。天守へあつめられ(二オ)
て。それ/\に。札をつけて。覚えおき。さい/\。くびに
おはぐろを付て。おじやる。それはなぜなりや。むかし
は。おはぐろ首は。よき人とて。賞翫した。それ故。しら
歯の首は。おはぐろ付て給はれと。たのまれて。おじ
やつたが。くびもこはいものでは。あらない。その首ど
もの血くさき中に。寝たことでおじやつた。ある日。
よせ手より。鉄鉋うちかけ。最早けふは。城もおち
候はんと申す。殊のほか。しろのうちさわいだこ
とで。おじやつた。そのところへ。おとな来て。敵か(二ウ)
げなき。しさりました。もはや。おさわぎなされな。
しづまり給へ/\といふ所へ。鉄鉋玉来りて。われら
おとゝ。十四歳になりしものに。あたりて。その
まゝ。ひり/\として。死でおじやつた。扨々。むごい
事を見て。おじやつたのう。其日。わが親父のも
ち口へ。矢ぶみ来りて。去暦事は。家康様御手な
らひの御師匠申された。わけのあるものじやほ
どに。城をのがれたくは。御たすけ有べし。何方
へなりとも。おち候へ。路次のわづらひも。候ま(三オ)
(三ウ)(四オ) (絵)
じ。諸手へ。おほせ置たとの御事で。おじやつた。
しろは。翌の日中。せめおとさるゝとて。みな/\。
ちからを落して。我等も明日はうしなはれ候
はむと。心ぼそくなつて。おじやつた。親父ひそかに。
天守へまゐられて。此方へ来いとて。母人我等を
もつれて。北の塀わきより。はしごをかけて。つり
縄にて。下へ釣さげ。さて。たらひに乗て。堀をむ
かうへ渉りて。おじやつた。その人数は。おやたちふ
たり。わらはと。おとな四人ばかり。其ほか家来は。(四ウ)
そのまゝにておじやつた。城をはなれ。五六町ほど。北
へ行し時。母人にはかに。腹いたみて。娘をうみ給
ひた。おとな。其まゝ。田の水にて。うぶ湯つかひ。引あ
げて。つまにつゝみ。はゝ人をば。親父。かたへかけて。あを
野が原のかたへ落て。おじやつた。こはい事で。おし
やつたのう。むかしまつかふ。南無阿弥陀。/\。
又子ども。彦根のはなし。被成よといへば。おれが親
父は。知行三百石とりて居られたが。その時分は。軍
か多くて何事も不自由な事で。おじやつた。勿論。(五オ)
(五ウ)(六オ) (絵)
用意は。めん/\たくはへもあれども。多分。あさ夕
雑水をたべて。おじやつた。おれが兄様は。折々山
へ。鉄鉋うちに。まゐられた。其ときに。朝菜飯をか
しきて。ひるめしにも。持れた。その時に。われ等も菜
めしをもらうて。たべておじやつたゆゑ。兄様を。さい
/\すゝめて。鉄鉋うちにいくとあれば。うれしうて。な
らなんだ。さて。衣類もなく。おれが十三の時。手作
のはなぞめの帷子一ツあるよりほかには。なかり
し。そのひとつのかたびらを。十七の年まで着た(六ウ)
るによりて。すねが出て。難義にあつた。せめて。すねの
かくれるほどの帷子ひとつほしやと。おもふた。此様
にむかしは。物事不自由な事でおじやつた。また
ひる飯などくふといふ事は。夢にもないこと。夜
にいり。夜食といふ事も。なかつた。今時の若衆は。
衣類のものずき。こゝろをつくし。金をつひやし。
食物にいろ/\のこのみ事めされる。沙汰の限
なことゝて。又しても。彦根の事をいうて。しかり
給ふゆゑ。後々には。子ども。しこ名を。ひこ根ばゝと(七オ)
(七ウ)(八オ) (絵)
いひし。今も老人のむかしの事を引て。当世に示
すをば。彦根をいふと。俗説にいふは。この人よりはじ
まりし事なり。それ故。他国のものには通ぜず。御
国郷談なり。
右去暦。土州親類方へ下り浪人土佐(本ノマヽ)山田喜助。
後に蛹也と号す。おあんは。雨森儀右衛門へ嫁す。
儀右衛門死して後。山田喜助養育せり。喜
助の為には。叔母なり。寛文年中。よはひ。八十
余にして卒す。予その頃。八九歳にして。右の(八ウ)
物がたりを。折々きゝ覚えたり。誠に。光陰は矢の
如しとかや。正徳の比は。予すでに。孫どもをあつめ
て。此もの語して。むかしの事ども。とり集め。世
中の費をしめせば。小ざかしき孫ども。むかしの
おあんは彦根ばゝ。いまのぢゝ様は。ひこねぢいよ。何
をおじやるぞ。世は時々じやものをとて。鼻であし
らふゆゑ。腹もたてども。後世おそるべし。又後世
いかならむ。まごどもゝ。またおのが孫どもに。さみせ
られんと。是をせめての勝手にいうて。後はたゞな(九オ)
まいだ/\。より外にいふべき事なかりし。

右一通。事実殊勝の筆取なり。誰人の録せる
や。未詳。疑らくは。山田氏の覚書なるへし。田中
文左衛門(本ノマヽ)直の所持をかり出し(本ノマヽ)といふ事
しかり。
 享保十五年庚戌三月廿七日 谷垣守



底本
菊池真一編『おあん物語・おきく物語・理慶尼の記 本文と総索引』(昭和62年。和泉書院)が、品切・絶版となっているので、これにより翻刻した。
概要・成立
 老後、土佐で「おあんさま」と呼ばれた女性の、関ヶ原合戦にまつわる戦時体験談などを、八、九歳の頃聞いていた者が、半世紀ほど後、老境に入ってから筆録したもの。
 語り手は、石田三成に仕えた山田去暦の娘。「おあんさま」は、「安」という名前の敬称なのか、老尼を意味する「御庵様」という尊称なのか、判然としない。朝川善庵は、跋文において、老尼の尊称であるとしている。
 彼女は、十七歳の頃、関ヶ原合戦後の大垣城を脱出、父去暦に従って土佐に赴き、雨森氏と結婚、後死別して、甥の山田喜助清次(隠居名蛹也)に養われ、寛文年中に八十余歳で没した。
 筆録者は、山田喜助清次の子供の一人であろうか。成立は正徳から享保の初めの頃と考えられる。
内容
『おあん物語』は、大垣城籠城の時のこと、同じく脱出の様子、及び彦根時代の貧窮生活の話から成り、これに筆録者の奥書及び書写者谷垣守の識語が加えられ、朝川善庵の跋文(今は省略)が付されている。
意義
 語り手が女性であり、戦国末期の状況を女性の視点で捉えている所に独自性がある。江戸時代初期の生活・口語の様相がうかがえる点にも特色がある。


---------------

はじめにもどる 登録作品リスト(五十音別)にもどる
登録作品リスト(作者別)にもどる
登録作品リスト(時代別)にもどる

J−TEXT MAIL: kikuchi@j-text.com